医者向けのちょっといい情報

開業医が医者向けのちょっといい情報や医療ニュースについて語ります

医者なのになぜモテないのか

さて、今日はちょっとくだけたお話ですが、「医者なのになぜモテないのか」と言うことです。ちなみに自分は男性なので、思慮が足らない部分もあるかと思いますが、自分の実体験にも基づき(笑)ちょっと考察を入れていきますね。

職業としての医者は、安定した収入が得られるとして人気がありますが、恋愛事情ではどうでしょうか。最近は、結婚や出産時期が高齢化しているとも言われますが、やっぱり医者でもモテない人はいますね。どうしてか、一刀両断していきます。

ルックス

もうこれはどうしようもないんですね。人は見た目9割とか言いますが、生まれ持った見た目は、成長や飾りようで、かなり変わる部分がありますが、やっぱり変えられない部分が存在しています。ルックスは職業、性格などすべてのものをのみ込むだけのパワーを持っています。相手が生理的にルックスを受け入れられなければ、潔く諦めるしかないです。ただ、医者全体で考えたらルックス偏差値はあまり高くないと思うので、どうしても、ほかの部分で勝負と言うことが多そうです。

積極性がない

まあ、相手に好かれていないのに、ガツガツ行くのは論外かも知れませんが、少なくともイケメン、美女でなければ、ある程度の積極性は必要です。実際に、ほとんど積極性がない人でも、「イケてるのにそういうウブなところがかわいい♥」となる人もいれば、「そんなに素っ気ないのはほかにいい人がいるんでしょ?」とひかれてしまうこともあるかと思います。何かしたいなら、相手に最低限、あなたに興味がありますよ、と伝わるようにしないと、どうにもなりません。

 だらしがない

医学生の頃に思いましたが、男女問わず、医者は私生活ではだらしがない人が多いですね。お勉強に忙しかったせいか、髪、衣服などにあまり気を使わない人が多いのですが、それだけでなく、恋愛に関してもだらしがない人が結構いましたね。全然知らない人とお見合いするならいいのですが、身近な人との恋愛の場合は、そういう男女関係の噂はすぐ広まって、バレてしまってますので、あまり八方美人過ぎるのもよろしくないですね。

プライドが高すぎる

まあ、ある程度プライドがあってもいいとおもいますが、相手を見下す態度をする人ははよろしくないですね。どこどこ大学出身だとか、こんなに忙しかったんだとか、発表がどうだったとか、いい車を買ったとか、結構、気がついたら自慢話ばかりになっている人もよく見かけます。よく考えたら、「医者なのになぜモテないのか」という文言自体、ちょっと上からっぽい気もしますけど…。

話が蘊蓄ばかり、説教じみている

こういう人も多いですね、医療の世界には、EBMという言葉があるくらいで、基本的に医者はみんな理屈っぽいのです。医者同士で付き合うなら、むしろプラスになる可能性もありますが、ほかの業種の方相手だと、ひかれてしまう可能性があります。ちょっと自制しましょう。

そもそもそういうことに興味がない

自分でわかっていなくても、いわゆる淡泊な人や、一人でいるのが好きな人、マイノリティーの人とか、たくさんいると思います。

まとめ

こういうお題で書いてみましたが、結局はその人次第ということになりますね、ありきたりだけど。