医者向けのちょっといい情報

開業医が医者向けのちょっといい情報や医療ニュースについて語ります

開業医の休診日の決め方

開業する際に悩むのが「休診日」。もちろん、場所や診療科目によって、事情が異なると思いますが、開業後に感じたことを踏まえて、ちょっと考察します。

土曜日をどうするか

土曜日は大体のクリニックにおいては患者さんの多い日で、午前のみの診療をしていても、平日1日と同じくらいの患者数になることがあります。半日にするか1日にするかは迷うところでしょうが、多めに設定した診療時間を減らすと、評判が落ちることもありますし、無理のないような設定にしたいところです。都心のオフィスビルでビル診をする場合以外は、開けた方が良さそうです。

祭日、日曜日の診療

基本的にはどこも休診です。一般論で行けば、普通の方がお休みの日に開けている方が、患者さんはたくさんくると思います。医師が複数人いるようでしたら、ローテーションして開けるという方針もありそうです。私自身、祭日診療はやったことがありますが、ちょっと気になったことは

  • 調べて遠方から来る患者さんもおり、一見さんも結構多い
  • 休みしか来れないので、と言って無理なことを要求する患者さんも多い
  • 自分のところがやっていても、周辺の医療機関や調剤薬局がやっていない
  • 休日に働いてくれるスタッフを探すのが大変

などを考慮しないといけません。救急的な患者さんが来た時に対応できる体制や覚悟も必要でしょう。

しかし、美容、自費診療でやる場合、土日診療しないと結構難しい気がします。

平日の何曜日を休診にするか

特に決まりごとやしがらみはないですが、大体のクリニックは、水曜か木曜日休診、土曜は半日、日祝日は休診というパターンが多いですよね。私も最初は、平日全部やって土日休みたいとか、休みをくっつけたい考えましたが、実際に診療すると、やはり水曜日、木曜日は他の曜日よりも患者数が少ないようですし、平日に1日どこか休まないと、疲れも溜まってしまうでしょうし、事務的なことをするにも1日平日休みがあった方がいいのです。

もちろんパートの先生を入れて、平日休診なしも可能だと思います。

臨時休診など

冬休みや夏休みについては、自分の考え方で決めればいいと思いますが、ある程度の日数は休んでいいものかと思います。自分自身の精神衛生上もメリハリは必要ですし、スタッフもある程度まとまった休みを取りたいものだと思います。1日休むと、○○万円損失が…とか考えだすと、休みの代償は大きいですけど、きちんと事前に告知すれば、かなり長く休んでも、クレームを言われることは少ないです。

まとめ

結局のところ、あまり診療日が変則的にならないようにすれば、自分の考えで、決めてしまっていいものかと思います。たとえば、第3土曜日は休み、みたいな決め方をすると、わかりにくく、間違って来院した患者さんからクレームをもらう可能性もありますね。

また、最初から診療日や診療時間を多めに設定してしまうと、辛くなった時でもなかなか減らしにくいので、そこは無理のない設定で行く方がおススメです。無理して罹病して、休みが多くなるようなことになると、結局患者さんにも迷惑がかかりますしね。あまり気張らずに行きましょう。