医者向けのちょっといい情報

開業医が医者向けのちょっといい情報や医療ニュースについて語ります

医者が医者をやらないと何をするか

私自身は開業医で純粋に医者しかしていませんので、細かい事情は分かりませんが、医師免許を持っていても、ほかの業種についている方もいると思いますので、ちょっと調べてみました。

なぜやめるか

なぜやめるかはいろいろ事情があると思いますが、そういえば、

 

ぼくが医者をやめた理由 (角川文庫)

ぼくが医者をやめた理由 (角川文庫)

 

 こういう本もありましたね。テレビドラマも放送されましたけど、ほとんど見てませんでした。内容的には医者の大変さを淡々と伝えるような内容だったと思います。

まあ、どんな仕事でもあると思いますけど、

  • 仕事が自分に向いていないと感じた
  • 体調を崩した、精神疾患になった
  • ほかにもっと稼げる仕事があった

こんなところでしょうか。粗相して医師免許を剥奪されたは冗談になりませんけどね…。

医者をやめて何になるか

医者をやめて、と書きましたが、実際には医者は細々続けていて、結果的にほかのことで有名になる人もいますよね。フリーランスの医師もいるくらいで、パートとして考えても、当然割のいい仕事だとは思います。ちょっと思いつく有名人を上げてみますと(敬称略)

  • 西川史子(タレント)
  • 和田秀樹(評論家、予備校の先生)
  • おおたわ史絵(評論家、作家)
  • 向井千秋(宇宙飛行士)
  • 米山公啓(作家)
  • 今井通子(登山家)

意外と思いつかないものですが、作家などはもっとたくさんいらっしゃいますよね。ほかにも医療系のベンチャー企業(メドレー、メドピア、メディカルノートなど)を創業したり、製薬会社、外資系企業のアドバイザーなど、ある程度専門性を生かせる仕事に転職した人たちも多数いますね。

ご存じのかたも多いと思いますが、医師であると食品衛生管理者、食品衛生責任者になれます(第一種衛生管理者免許も無試験で取得できる)ので、製造業、飲食業なんかも可能ですが、ちょっと聞いたことはないですね。

 

医師免許を取ること

さて、医師免許を取ると言うことは、医学部に合格して卒業すること、医師国家試験に合格することなど、本人の努力はもちろん必要なのですけど、自分や親が払ったお金以外にもお金がかかります。例えば、国公立大学に行った場合、当然学費は払いますが、それ以上に税金が投入されて、我々は医者になれたわけです。たまたま見つけた資料には…

f:id:shibaken99:20180131121243p:plain

http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20150213_11.pdf より抜粋

お偉い人は1億かかると書いていますが、この1億円はちょっと多く見積もりすぎ、せいぜい3000万くらいだと思って調べたら、

ameblo.jp

それなりにきちんと考察した先生もいらっしゃったようで。そのブログ中でも触れられていますが、「多額の税金を投入されて医師になったのだから、その分社会貢献しろ!」という論法の方はすごく多いです。確かに、医師免許はいろんな意味で重みのある資格です。せっかくだからそれを生かす仕事をした方がいいのですけど、お金の面でいえば、税金をもっと無駄に垂れ流している人もいるわけですし、自分の適性を考えて職業を選ぶのは大事だと思います。

肩書き、イメージアップとしての医師免許

医師っていうと、ほかの方はどんなイメージを持つでしょうか。最近は悪く言われることも多くなりましたが、基本的にはプラスの要素が大きいのではないでしょうか。世の中には、医師と言うだけでホイホイ言う人たちもいます。女性のタレントさんなんかも、容姿がきれいだったり、話術が優れていたりはあっても 、医師の看板がなかったら、それほどまでに注目されるのか?、と疑問がわきます。医師免許を持っていれば、実際にどんな振る舞いをしていようが、医師ですので、そういうイメージの恩恵を受けることができるわけです。

気になること

前述したように、仕事は各人が合うものをすればいいですけど、気になるのは、特にベンチャーやタレントに多いですけど、医師としての実務経験や知識が少ないないはずなのに、あたかも専門家のようにコメントしたり、アピールする人もいらっしゃることですね。現在、診療には関与してないはずなのに、なぜか写真は白衣だったりとか。1年やそこいら働いた経験で「この現状を変えたい!」みたいな話をしたり。でも、行政寄りの仕事をしている人にも、結構そういうパターンの人も多いのです。要するに、世間から見える医師像が、そういう目立つ人のイメージで染まってしまっていたり、本来地道に現場で頑張っている医師の姿が見えてこないというのが、なんとなく歯がゆいのです。

まとめ

本当は、医師免許や知識をもっていると、こんな仕事もあるよ!とか、意外にこういうことができる、みたいのを書きたかったのですけど、ややネガティブなことばかりを書いてしまいました。また機会があれば、考えてみたいですね。