医者向けのちょっといい情報

開業医が医者向けのちょっといい情報や医療ニュースについて語ります

どうして医師を志すようになるのか

定番のお話ですけど、「どうして医師を志すようになるのか」と言うことについて書いてみたいと思います。

親が医者

これはベタのパターンですけど、開業医でも特に派手にやっている先生のところの御曹司だと、最初からレールが引かれることが多いでしょう。親の側からしたら、いくら大きな病院を建てたとしても、身内に後継者がいなければ、結局他人の手に渡るわけですし、せっかくだったら子供に譲り渡したいと考えるのではないでしょうか。子供の方も、幼少時から裕福な暮らしをさせてもらっていれば、よほど何かない限り、医師になることについて否定的にはならないと思います。最終的に親から病院を継承すれば、あまり苦労なく、安定した収入を確保できるわけですしね。

そういう場合は、以前の記事でもお話ししましたが、高い学費であっても、とにかく入学、卒業させて、医者になってもらう、みたいな話になるわけです。

www.savingdoctor.com

www.savingdoctor.com

自分が病気だった、親族が病気だった

これも時々聞く理由です。幼少期に大きな病気をしてお世話になったとか、病院になじんでとか、担当医に憧れて、などの純粋な理由ですね。自分も病気で苦労した分、きっと患者さんに優しくできる先生が多いのではないでしょうか。ただ、面接での志願動機にこの手のことを話す人も多いですよね…。

 

頭がよかった

友人にもいましたけど、勉強ができて、「試験の点がよかったから医学部に行ってみるかな!」みたいな。普通の人が聞いたら引いちゃうような理由ですけど、意外といるのです。中高生だと、成績で人の上に立つのが趣味のような人もいますので、医学部は入るのが難しい、レベルが高いと聞くと、行きたくなる人もいたかと思います。

ただ、本当に頭のいい人は、投資銀行とか外資系コンサルタントとか、当たれば医師の何倍もの収入がある仕事を選んでいて、医師のようなある意味泥臭い仕事を選んでない気がします。

収入がいいから

これは、メディアに否定的に揶揄されたり、いろいろ言われることですけど、大事なことでもあると思います。収入を得るための仕事ですし、その収入は高い方がいいに決まっています。医師がもらいすぎているとか口やかましく批判するような人たちは、あまり仕事内容について理解がなかったり、マスコミの書き立てることをすぐに受け入れてしまう人たちが多いと思いますが、仕事内容の重要さや責任の重さから考えて、相応の収入はあるべきかと考えています。

悔しかったから

ん?という感じですけど、MRやナースをやっていて、医師に見下されて悔しかったから、みたいな人もいましたね。医師になるのに適切な動機かは分かりませんけど、一度始めた仕事を変えるには、かなりの苦労が必要なので、そのガッツが仕事にも生かされるかも知れません。ちなみに、学士編入みたいな制度がありますので、全く1からのスタートにはならないですむようです。

 

人命を救うこの仕事に憧れた

本来はこういう動機が必要であり、立派な動機だと思います。医師になるというのももちろんですけど、救命救急に志願する先生なども、こういうことを考えて入局する先生もいるはずです。ただ、すごく高い志を持っている人は、現実との落差に気がつくと、精神的に落ち込んでしまう人もいます。そうならないように、自分を大事にして、仕事をしてほしいです。

今の医学部人気は?

現在は、医学部が人気だそうで、入試偏差値をみても、自分の頃と大分違うなーという印象を持ちます。自分の母校は国立の某大学ですが、今の数値をみると、「昔に受けといてよかった」(笑)。

最近の医学部人気は、やはり職業として安定した収入が見込めるから、という理由が大きいのではないでしょうか。医学界を取り巻く現状を見ても、純粋にやりたい仕事として人気が出ているとは思えないです。

まとめ

医者と言っても、聖人君子ではありません。いろんな人格を持っている人が、いろいろ考えて職業を選択した結果、医者になったに過ぎません。動機が多少不純なものだとしても、医師になって、患者さんのためになる仕事をすれば、それでいいのかと思います。ただ、世の中が自分たちに向ける目は、相応に厳しいものであることは自覚しておく必要があります。