医者向けのちょっといい情報

開業医が医者向けのちょっといい情報や医療ニュースについて語ります

看護師や医療事務の人たちとの付き合い方

このご時世で、医療界には楽しいネタがありませんけど、今日はこのテーマ。看護師や医療事務の人たちとの付き合い方、です

ちなみに、私は男性、職員は女性ですので、読まれる方が、女性医師の場合には参考にならない点が多いかと思います。

 

クリニックの一般的な人材の構成

大規模なクリニックや整形外科でリハビリ部門があるところなどを除いて、小規模なクリニックの前提で行くと、大体、医師1名、看護師数名、医療事務数名の構成が多いのではないでしょうか。このうち、医師と看護師は国家資格(准看護師は都道府県の認定)で、医療事務は民間資格が数種類ありますが、全くの無資格者でも業務は可能なので、本当にいろんな人が応募してきます。資格があっても、やってもらったら、全然仕事ができないということもあるので、選ぶには慎重な対応が必要です。

 

狭いコミュニティであり、良好な関係が必須

クリニックでは、業務の性質上も、医師(院長)が主、ほかの職種の方が従の立場になります(そういうことを書くと、大学病院の怖い看護師長が出てきて、看護の重要性を切々と述べたりしそうですが…)が、一方的な主従関係では、このご時世で仕事になりませんし、少ない人数で、毎日のように顔を合わせますので、いくらビジネス上の関係とは言っても、ある程度良好な関係を維持する必要があります。

良好な関係と言っても、いろいろですが、個人的意見では、TPOはあった方がいいと思います。ある程度、お互い相手の長所短所が許容でき、コミュニケーションがとれれば、必要以上にプライベートで仲良くなる必要はないと思います。例えば、病院勤務医の時は、外来、病棟などの飲み会や、スタッフ同士で遊びに行ったり、スポーツしたりがあったのですけど、開業医となると、スタッフも所帯者が多かったり、定時終了の希望が強い印象があり、あまりそういうお付き合いを好まない人も多い気がします。もちろん、相手次第なのですが、基本的にはビジネスの関係と割り切った方が、うまくいく気がします。病院では多数のスタッフがいましたが、結局、仲がいいグループを作って付き合っていただけで、全員が仲良しというわけではなかったですし、母集団が少ないと、どうしても合う合わないがはっきりしてしまう部分があります

 

職員に家族がいると微妙

開業医でよくあるのが、夫婦で職場にいるケース。夫婦で医師の場合はツートップみたいな感じもそれほど問題はないのですけど、医師と看護師などの組み合わせの場合は微妙です。どうしても院長夫人ということになると、周囲も気を使います。同じ職種であっても立場上、上下が生じますので、ちょっとやりにくい部分が出てきます。奥さんがうまく気配りができればいいのですけど、奥さんがNo.2の感覚で振る舞っていると、なかなか人が居着かないのではないでしょうか。そういう実例も結構見ました。

家族でないにしても、特定のスタッフといい関係になっている先生は要注意。隠しても基本的には周囲にバレてます。平等にと思っていても、周囲によく見られませんし、何かあれば、必ず感情的な問題になりますので、そういうことがないのが一番です。

職員同士の相性問題

それぞれの職員には個別の問題がなくとも、職員同士の相性が悪いと、それに巻き込まれることがあります。

レストランでお昼食べていると、周囲に職場の女子会的なのとか、奥様の井戸端的なのが多いのですが、耳をそばだてていると、大体は「なんとかさんは何でああなのかねえ」とか「あのやり方はおかしい!」とかの類いの話題で、おお、怖っ、って感じなんですよね。自分もきっと言われてるんでしょうねえ、とか思いながら、聞きたくなくなくても大声でしゃべるもんだから、いやでも聞こえちゃう…。何か、そんな感じの私的な感情をそのまま職場にも持ってくる感じの人が多いです。

基本的にはあまり首を突っ込まないことです。職員から相談されることがあると思いますが、私はあまり特定の人の味方をすることは避けています。どっちもいい加減やめてほしいな、と思ってますけどね(苦笑)

 

妥協も大事

開業した以上、自分のやりたいようにやりたいのがありますので、徹底的に自分のスタイルを確立して、マニュアル通りやってもらうという方法はあると思います。ただ、あまり一貫した指示をせず、気に入らないときに急に文句を言うようなことをしていると、仕事の効率も落ちますし、反感を持たれます。スタッフが示すやり方で、業務が問題なく回る場合、それに任せるというのも大事です。そもそも、全くの新米のスタッフなどがクリニックに就職することが、まずありませんので、今までと全く違うやり方を強要されるのは大きなストレスになると思います。

自分の資質の限界

あれこれ論じてみても、人と人のことなので、どうしようもないこともありますね。例えば、イケメンドクターは多少、仕事ができなくてもチヤホヤされますし、きっちり仕事ができてもブサメンは煙たがられるのは多数見てきました(笑)。社交性なども含めて、努力してもカバーできない部分があるので、職員を採用するときも、この人とは無理なく付き合えそうだなと思える人を採用することが大事ですね。これがいちばんむずかしいですけどー。

 

まとめ

職場の付き合いについては自分も悩んでいて、記事の形にして見ましたが、やっぱりまとまりのない内容になってしまいました。ただ、自分なりの工夫をまとめてみると

  • 無理なく付き合えそうな人を採用する
  • 職員同士のいざこざには口を挟まない
  • 特定の職員とプライベートな付き合いをしない
  • 仕事のやり方は妥協できるところは基本的にお任せ
  • 自分のキャラをわきまえた振る舞い

こんな感じですねえ。自分はこうやってうまくいってるよ!という方法があったら、教えてくださいませ。