ふるさと納税でちょっとお得

ふるさと納税でちょっとお得

ふるさと納税という制度があることは、大半の方がご存知と思います。

納税という言葉を使っていますが、ざっくりと申しますと

好きな自治体に対しての寄附」ということになります。

ふるさと納税を行い確定申告した場合、その年の所得税から還付と翌年度の個人住民税から控除されることになりますが、所得税控除額、個人住民税控除額ともに2,000円を超える部分についてが対象となります。

ここでミソなのが、寄附に対して多くの自治体は、お礼の品、を用意しており、いろいろなグルメや特産品などをエンジョイすることができます。

つまり、人によっては「2,000円の自己負担で、いろいろなお礼の品を楽しめる」ということになります。

収入額や家族構成によって、「お得に寄付できる上限額」が変動しますし、返礼品の価値が高くなりすぎると、一時所得として扱われることがあるようですから、寄附を検討するときはよく調べてからにしましょう。

次回は、そのふるさと納税を、さらに、ちょびっとお得にできる裏技について、解説しようと思いますので、ご期待ください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)