医療機関の標榜科目

医療機関の標榜科目

今回も基本的には開業を考えている先生向けの内容になります。一般の方も多少は知っておいてもいい内容だとは思います。

今回のお題は「標榜科目」についてです。

開業する際に、医療機関が対応できる診療科目を決めるわけですが、その先生と、掲示する標榜科目は必ずしも一致しておりません。

例えば、泌尿器科の先生が、泌尿器科だけでは患者さんが集まりにくいので、「内科、泌尿器科、皮膚科」と標榜してみたり、外科の先生が「内科、外科、整形外科」などと標榜することがあると思います。

私自身はマイナー科なので、よく専門でないものに手を出すなあ、と思ったり、内科の先生は全部俺は診れる!と錯覚してるんじゃないかと思ったりします。

しかし、患者さんの反応は、思ったよりも素直に「内科も小児科も見てもらえる」みたいな方が多く、増患には有効そうですが、患者さんが来た時に、期待された通りの対応ができるのが条件で、それができないと、逆にトラブルや悪評のもととなります。

ただ、過疎部などで開業する場合は、やはり専門外のものも対応することが多いので、仕方ないという側面もあります。

さて、厚生省が平成20年に、標榜できる(広告できる)診療科目について、通知を出しましたが、

昔よく使われていたような呼吸器科、性病科などのなじみがある診療科は広告できないとされていますが、逆に患者の年齢や部位などの文言と内科、外科などの診療科目を組み合わせた、新しい診療科目を標榜できるとされています。

「胃外科」「男性泌尿器科」とか見たことがないですが、実在するものでしょうか。

あえてなじみの少ない、新しい診療科目を標榜することで、自分の専門性にあった患者さんにきてもらうこともできるようになったといえるでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)