メタボ健診受診率の低い健保に罰金?

メタボ健診受診率の低い健保に罰金?

厚生労働省が、40歳〜74歳のメタボリックシンドロームを予防するためのいわゆるメタボ健診の受診率の低い健保組合に対して、高齢者医療の拠出金負担を増やす施策を行う予定であることがわかった。実質罰金を徴収するようなものだから、結果的に、その健保組合の加入者の保険料が高くなる可能性があります。

検診を受けなかった人は、その分高いツケを払うと言うことで、大事な取り組みとは思うのだけど、まじめに検診を受けている人や健康増進に取り組んでいる人も「不良健保」のくくりに入ってしまい、巻き添えで負担増になる可能性もあるわけですね。

実現が難しいですけど、普通の保険と同じで、医療費の利用額が多い(給付された額が多い)人ほど、翌年からの保険料が上がっていくような仕組みは無理なんですかねえ。たとえ生命に関することでも、結局使った人がその分払う、が一番普通の感覚だと思うんですけどね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)