イギリスで医療機関のPCにウイルス被害、大混乱

イギリスで医療機関のPCにウイルス被害、大混乱

5月12日から世界的にランサムウェア(身代金要求ウイルス)による被害が増加しているようで、英国では医療機関のPCが大規模な被害を受けているとか。

英国の医療機関のPCでは、9割のPCでまだWindows XPが結構使われているのが原因だとか。これによりPCがロックされ、カルテが開けない、処方箋が切れない、レントゲンが撮れないなどの被害が出ているとのことで、「急患以外は病院を受診しないように」とのお触れが出ている様子です。

自分のクリニックでも当然、電子カルテを使っていますので、ちょっと心配ですね。一度、セキュリティーなどの状況を確認してみようと思います。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)