高額の抗がん剤は使いません!? 日赤医療センターが表明

高額の抗がん剤は使いません!? 日赤医療センターが表明

日赤医療センターは抗がん剤「ザルトラップ」について、治療で原則使用しない方針を決めました。

ザルトラップはサノフィが開発した薬で、一部の大腸がんが保険適応です。100㎎で約79000円で、日赤医療センターによると、類似薬の「アバスチン」は効果も副作用も同様で、費用は約半額で済むとのことです。

高額療養費制度があり、治療費が一定額を上回ると、その分は健康保険で負担され、医療費の増加を招くことから、これを抑制するための試みと言うことで注目されています。

このような高額の治療薬の使用や高齢化社会の影響を、今まで通り、全体の枠組みで処理するのは無理があると思います。抜本的にこういった薬剤の使用を制限する、薬価を大幅に引き下げるなどの議論が必要です。ただ、薬価について厚労省は議論するといっていますが、結局のところは、こういう部分で医療費が膨らんだ分、診療報酬のなかでも、とくに影響の大きい診察料や技術料を削ってくるのではないかと私は危惧しています。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)