大阪急性期・総合医療センターの部長がマタハラ??

大阪急性期・総合医療センターの部長がマタハラ??

大阪急性期・総合医療センターの部長が、4月から採用予定の医師に対して、マタハラともとれるメールを送ったと言うことで厳重注意を受けていたことが判明しました。

m3.comでも早速記事がアップされ、掲示板では議論がされておりますが、私自身のあくまで個人的な意見としては、ちょっと、この女性部長に同情的になっちゃいます。

内容としては、4月に採用予定である医師が2月にこの部長に報告した際に、「採用されて早々に産休と言うことでは、周囲の医師のモチベーションが下がる」というのももっともな話ですし、「非常勤勤務」を勧めると言うのも、同じ女性として、あまりおかしな話ではないように思います。

そもそも、常勤医師というのは当直あり、残業ありが前提ですので、採用前に、明らかに勤務が遂行できそうにない場合、たとえ妊娠が理由であっても、事前の議論があってもよいのでは、と思います。

私も経営者ですし、実際、職員の産休も経験はしていますが、新規採用の職員で、2ヶ月後に産休に入らせて頂きたいですと採用前に言われた場合、多分採用しないと思います。ただ、医局に所属している医師の場合、転勤の大半は自分の意思でない場合が多いので、それに従っていると、出産などもできなくなってしまうと言うのも理解はできます。

まあ、文面の書き方や、伝え方に問題があったのかもしれませんが、こういうニュースをただマタハラとか言葉だけで片付けないで、現場の医師がいかに忙しく、疲弊しているかについても思いをはせて頂きたいと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)