医者に医学博士は必要か

医者に医学博士は必要か

昔から、普遍的なネタですが、医学博士の称号が必要か?と言うことについて、私見を述べたいと思います。

ちなみに私自身は博士号は持っておりません。古い価値観でお話ししてみると、「大学で出世するには、医学博士は不可欠だし、そもそも、きちんと医学を勉強、研究した証明になるものだから、持っているべきだし、持っていて損はない」というところでしょうか。まあ、そういうことで間違いはないし、変にこだわって取らなかったわけでもありません。

課程博士と論文博士

医学博士を取る手段としては、大学院に進み、研究を行って、博士論文を出して、博士号(課程博士)をもらえるケースと、論文を大学に出して審査を受け、もらう博士号(論文博士)と二通りあります。両者はランク付けが違い、大学で教授になったり出世コースに乗るには、やはり課程博士の方が必要、というのが暗黙の了解でした。番号付けも課程博士は甲○○号、論文博士は乙○○号みたいな感じで、明確に区分けされています。

最近では、この論文博士について廃止するべきだという意見が上がり、近い将来なくなってしまうかもしれません。世界的に見てもこの制度は特殊ですし、個人の意向が反映されやすい、不正なども起きやすそうなので、やはり、しっかり学問に時間をかけてもらうというのが妥当かもしれませんね。

博士号の必要性

教授になるのには絶対必要(当たり前の話)なのですが、それ以外でも、メジャーな科で、ある程度の格のある基幹病院で部長になるにも医学博士くらいはないとねえ、ということもあったと思います。まあ、このご時世で、いまどき地方の病院ではどこも人手不足ですから、来てくれる人は部長待遇で、みたいなのもあるかもしれません。

また、昔はこういう称号がもてはやされる傾向があったので、開業医でも、「医学博士の偉い先生」みたいな受け取り方をされていたかもしれません。今でもホームページや待合室に、博士であることを誇示しているのを見かけますけど、正直、今時の患者さんはそういうところはあまり見ていないでしょうね。

まとめ

少なくとも、最初から開業志向で、大学での研究や医局の意向での人事には興味がございません、と言う人にとっては、医学博士は全く必要ないかと思います。医学の最先端で、研究をしてある程度の実績をだして、認知を得たということで満足できるのであれば、もちろん医学博士を取るというのも素晴らしいことですし、チャレンジしてもいいと思いますが、漠然として目的を持たず、成り行きで大学院に行く、みたいな話や、ハクをつけてから開業するか!みたいな話ではあまりおすすめではない、と言うことになるでしょう。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)