医者向けのちょっといい情報

開業医が医者向けのちょっといい情報や医療ニュースについて語ります

社会ニュース

堺市立医療センター、主治医が検査結果確認せず、治療開始が遅れた結果、患者は死亡

堺市立医療センターは、70代女性に対する胃がんの病理検査結果が放置され、治療開始が約7カ月間遅れるという不祥事があったと発表した。主治医や検査担当の医師が確認を怠ったのが原因で、女性は治療開始から約1年後に死亡した。 状況 2016年2月に女性は…

保湿剤(ヒルドイド)の処方規制は見送られました

さて、年が明けると診療報酬改定の話がいろいろ聞こえてきますが、つい先日ヒルドイドなどの保湿剤の処方規制が見送りになったとのニュースを見ました。 なぜ、このような話が出てきたのか検証します。 保険診療における保湿剤の処方 統計から出てきた問題点…

生活保護受給者の方へ処方はジェネリックにしろとのお達し

さて、ネットニュースを見ていたら、ちょっと気になる記事が。 headlines.yahoo.co.jp まだ起案の段階で、これから国会の議論が行われるということですが。いろいろ予算の削減を行うのはいいのですが、現場としては結構困ることがあります。 ジェネリック医…

レントゲン撮影を臨床工学技士にさせていた医師が書類送検に

聖隷佐倉市民病院の医師が、臨床工学技士にレントゲン撮影をさせていたということで書類送検されました。m3.comなどでも盛んに議論されている話題ですが、ちょっと解説します。 レントゲン撮影は資格が必要 診療放射線技師とは 病院における業務 一般診療所…

新潟市立病院の院長、刑事告発される予定

当時37歳の女性研修医が、うつ病を発症し、自殺した問題で、女性医師の夫が市と市長、病院長を労基署に刑事告発する方針を決めたとのことです。 この問題では、女性研修医は月160時間以上の残業を行っていたと言うことで、労災認定されていますが、その後、…

東邦大出身の元研修医、懲役5年の実刑判決

酒に酔っている女性に乱暴したとして、準強姦罪に問われていた、東邦大出身の元研修医、上西崇被告に対して、さいたま地裁は懲役5年の実刑判決を言い渡しました。 この人は32歳で、真偽のほどはわかりませんが、過去4回の逮捕歴!があり、今回で5回目と言う…

臍帯血関連で、表参道首藤クリニック院長が逮捕

昨日の記事、「無届けで臍帯血投与した関係者の今後」でもお知らせした臍帯血に関する一連の事件で、医師ら6名が、再生医療安全性確保法違反容疑で逮捕されました。 この中で注目なのは、実際の投与を行う医師として逮捕された、表参道首藤クリニックの院長…

無届けで臍帯血投与した関係者の今後

以前、このブログでも取り上げた無届けで臍帯血投与の問題ですが、動きがあったようなので、取り上げることにします。 まず、実際に投与を行っていた医療機関についてですが、厚労省は複数の医療機関について、刑事告発をする方向で検討しているとのことです…

大阪急性期・総合医療センターの部長がマタハラ??

大阪急性期・総合医療センターの部長が、4月から採用予定の医師に対して、マタハラともとれるメールを送ったと言うことで厳重注意を受けていたことが判明しました。 m3.comでも早速記事がアップされ、掲示板では議論がされておりますが、私自身のあくまで個…

新潟大の給与減額訴訟は原告敗訴

国家公務員の給与改定に沿う形での給与減額は無効だとして、新潟大の職員組合と教職員が、大学と国に約5千万円の支払いを求め、訴訟を起こしていましたが、12日、原告の請求棄却の判決が出ました。原告側は控訴するようです。 よくわからない人もいると思…

高額の抗がん剤は使いません!? 日赤医療センターが表明

日赤医療センターは抗がん剤「ザルトラップ」について、治療で原則使用しない方針を決めました。 ザルトラップはサノフィが開発した薬で、一部の大腸がんが保険適応です。100㎎で約79000円で、日赤医療センターによると、類似薬の「アバスチン」は効果も副作…

遠隔診療で禁煙外来が可能になる?

最近、やたらDMも来る「遠隔診療」ですが、厚労省は禁煙外来に限って、完全遠隔診療を認める方針をうちだしたとのことです。 基本的には診察せずに投薬、治療をすることは医師法に違反するため、遠隔診療は、僻地やがんや難病で在宅医療に移行した患者に限っ…

妊娠中禁忌の免疫抑制剤の処方容認へ?

妊娠中禁忌とされている、シクロスポリン、アザチオプリン、タクロリムス3剤について、厚労省が処方を容認する方向で検討しているとの情報が入りました。 添付文章で禁忌と記載されている限り、私たちは妊婦に投薬することはできず、免疫抑制剤のような内服…

川崎で同じ幼稚園の園児2名が死亡

川崎市にある同じ幼稚園の園児2名が相次いで死亡したと報道されました。 2名とも同じクラスだということで何らかの感染症が疑われているとのことです。嘔吐や発熱、痙攣などの症状があったとのことで、m3の掲示板などでもすでに議論も始まっていますが、あま…

診療報酬の審査ルールを1本化?

5月30日、政府が官民データ活用推進基本計画と言うものを策定しました。見てみるといろいろな分野で、業務を効率化する仕組み作りをするとのことですが、政府発表の「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画について」という資料の69…

金沢医大医師、県迷惑行為等防止条例違反で逮捕

23日、金沢医大医師(29)が10代の女性のスカートの中に携帯を入れたということで、県迷惑行為等防止条例違反で逮捕されました…。コンビニの店員が目撃して、防犯カメラの画像から判明したとか。警察署員が確認するわけですから、盗撮目的がほぼ確実ですね。…

高須クリニック院長、民進党を提訴

ネット上で話題になっているように、高須院長が民進党、蓮舫代表、大西議員を相手に1000万円の損害賠償を起こしました。すでに勝算などについていろいろ言われていますが、議員特権なるものに注目が集まり、勝訴するのは難しいというような見方になっている…

執刀医変更、結果的に患者さんが死亡で提訴

埼玉医科大学の有名心臓外科医、新浪博士氏に執刀を依頼したにもかかわらず、直前で執刀医変更となり、2週間後に患者さんも死亡してしまったと言うことで、その女性の遺族が総額1億円の損害賠償を求め、提訴しました。 手術後の2週間で心筋梗塞で死亡したと…

聖路加国際病院、土曜日の外来を縮小

聖路加国際病院が、勤務医の長時間労働を抑制するため、土曜日の外来の診療科目を34から14に削減すると発表したそうです。 長時間労働の対策として、やむを得ず打ち出したようですが、ここ以外にもほとんどの大規模公立病院、大学病院では、サービス残業…

東京医科歯科大学歯科医刺傷事件

ニュースで騒がれているので、皆さんもご存じの話ですが、 東京医科歯科大学で歯科医が刺された事件で、逮捕されたのが、日本医科大学の医学生だと言うから驚き。何でも女性関係が元らしいですけど、どんなトラブルだったとしても、包丁を持って刺しに行く、…

聖路加国際病院の経営危機?

さてGWが明けて、久しぶりの更新になりました。 ちょっと気になる記事があったので、それについて書こうと思います。 昨年の夏、聖路加国際病院のボーナスの支給が遅れた上に、1割程度カットされて支給されたというものです。ただ、労働基準監督署が入って、…

公立陶生病院の部長が収賄の疑いで逮捕される

治験補助業務会社から賄賂を受け取ったとして、愛知県、公立陶生病院の内科部長(63)が逮捕されました。また、賄賂を贈った会社の経営者の男も贈賄の疑いで逮捕されました。 この手の話題は1年に必ず1回くらいは出てくるのですけど、何というか、病院勤め…

入れ墨は医療行為かどうか?

大阪で、彫師のかたが医師法違反で略式命令に従わず、裁判になっているとか。 そう言われると今まで彫師の人はどうやってご飯を食べていたのか、疑問に感じますが、いままで実質おとがめなしだったんですかねえ? さて、彫られた入れ墨は「アート」かもしれ…

女装して女湯で盗撮した医者が逮捕!!

女装して、ホテルの女湯に侵入し、盗撮しようとした国立がん研究センター研究所のユニット長の医師が4月13日に逮捕されたとか… まあ、これは冤罪とは縁がない話でしょうから、バンバン批判してもよろしいと思うのですけど、女装して女湯に行くって言う発想が…

遠隔診療に診療報酬加算の方針

政府の「未来投資会議」が開かれ、遠隔診療に診療報酬加算する方針が確認されたと言うことで…。自分の診療所にも、遠隔診療のシステム導入の勧誘DMが来てましたけど、なんかこう言うのってどうなんでしょうねえ。 安倍首相は、「こうした新しい医療を、次の…

来年の医師国家試験は100問減る予定

来年行われる第112回医師国家試験について、医道審議会医師分科会が答申を取りまとめ、出題数が100問減ることと、試験期間が3日間から2日間に減る予定であることがわかった。 100問減る内容としては「医学総論・各論」から減るとのことで、共用試験と内容が…

メタボ健診受診率の低い健保に罰金?

厚生労働省が、40歳〜74歳のメタボリックシンドロームを予防するためのいわゆるメタボ健診の受診率の低い健保組合に対して、高齢者医療の拠出金負担を増やす施策を行う予定であることがわかった。実質罰金を徴収するようなものだから、結果的に、その健保組…

金沢医大医師、大麻所持について不起訴

福岡地検久留米支部は31日までに、大麻取締法違反(共同所持)の疑いで逮捕された金沢医科大病院の男性医師(32)ら男2人を不起訴処分とした。地検久留米支部は「起訴するに足りる証拠がなかった」としている。処分は30日付。 男性医師らは高校の同級…

医師の残業規制は5年猶予??

政府は現在検討中の残業規制の案について、医師は5年先まで猶予するという方針を打ち出しました。 そもそも、残業規制については、長時間労働を抑制するため罰則付きの残業の上限時間を設け、労働基準法を改正して規制を強化すると言うもので、残業させる場…

ノバルティス社とその社員に無罪判決

ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」の臨床研究データを改ざんしたとして、薬事法(現医薬品医療機器法)違反に問われていた元社員、白橋伸雄さんに対する判決で、東京地裁は16日、無罪(求刑・懲役2年6月)を言い渡し、ノバルティス社に関し…