医者向けのちょっといい情報

開業医が医者向けのちょっといい情報や医療ニュースについて語ります

税金

2019年に消費税が10%に!?医療機関への影響は?

来年の10月に消費税が10%に引き上げられるのですが、今日はこのことが医療機関にどう影響するかを考えてみました。 保険診療での患者さんの支払いは非課税 問題の根源はここにあります。保険診療である限り、診療を受けた患者さんが支払う金額には消費税が…

開業医でなくてもできる節税の方法「特定支出控除」。でも実際は…

さて、昨日お金の話をしたので、思い出したことを書きます。 給与所得者でも利用できる控除の制度があるのですが、ご存じでしょうか。 特定支出控除という制度です。当然仕事に関係した出費に限られますが、もし本当なら、大変お得な話ですね! 特定支出控除…

なぜ医者なのにお金がないのか

さて、今日のお題はこれでございます。 なぜ医者なのにお金がないのか。 まあ、逆にすごいお金持ちの人も多いのですけど、ない人もいます。その理由について考察します。 なぜ医者なのにお金がないのか。 そもそも医者は高収入なのか 可処分所得 可処分所得…

開業医向け 小規模企業共済制度

今回の話は、開業医でしかも小規模に細々とやっている先生向けの内容です。ちなみに私はこの対象に入るんですけどね。 小規模企業共済という制度をご存知でしょうか。これは、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が提供している共済制度のことで、…

セルフメディケーション税制

最近ちょっと話題になっている、セルフメディケーション税制について調べました。 2017年1月からスタートしたセルフメディケーション税制は、薬局で購入した市販薬を対象とするもので、年間1万2000円(税込)を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)が控…

国税のクレジットカード払いやってみた…。失敗!

さて、以前取り上げた、国税のクレジットカード払いに挑戦して見ました。 自分は小規模な個人事業所の扱いで、6ヶ月おきに源泉所得税を納付しています。普通なら税理士からもらった伝票で行うので、いけると思ったのですが…失敗でした。 kokuzei.noufu.jp …

国税のクレジットカード払い ー開業医向けー

今日は今年から施行される、大変興味深い制度について解説します。 平成29年1月4日より、国税がクレジット決済できる制度が創設されました。 国税には様々な項目がありますが、ざっくりいうと、所得税や法人税、消費税、源泉所得税などです。今までは納付書…

ふるさと納税でちょっとお得(2)

ふるさと納税自体が基本的にはお得であるということはお話ししました。 それをさらに、ちょびっとお得にする方法ですが、 ポイントサイトを経由して、寄附申請をすると、寄附額の一部がポイントとしてバックされます。 ポイントは、アマゾンギフト券などに交…

ふるさと納税でちょっとお得

ふるさと納税という制度があることは、大半の方がご存知と思います。 納税という言葉を使っていますが、ざっくりと申しますと 「好きな自治体に対しての寄附」ということになります。 ふるさと納税を行い確定申告した場合、その年の所得税から還付と翌年度の…